消防の立入検査の立ち合い

管理委託を受けているテナントの消防点検に立ち会いました。
消防署から3名で点検されました。
昨年は2名であまり指摘も無かったのですが、今回は少し細かく点検がありました。
前回は、のれんやマットの指摘は無かったのですが、のれんの長さが1メートル以上あると防火仕様になっていないといけないとか、マットも一定の広さ以上であれば防災仕様との事。
今回は、のれん・マット・階段の火災報知器の設置・誘導灯の不具合等々が指摘されました。
検査後、改善計画書の提出が必要なのでオーナー様へその旨お伝えしました。
また、テナント様へも指摘事項の改善の御願いをして、今日はとりあえず完了。

写真のような長いのれんやカーテンは防災仕様が必要との事です。

誘導灯の不具合対応に併せて火災報知器等の消防設備の点検もあるので専門の業者さんに依頼も必要です。

後日、オーナー様と調整して、とりあえず改善計画書を消防署に提出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です