南福岡十日恵比寿大祭

今日、12月8日(金)から日曜日まで事務所近くの十日恵比寿大祭があります。

もう20年以上、近くに住んでいるけど一回も参詣したこともなく、今回初めて参拝してきました。
商売の神様らしいので商売繁盛のご利益がありますように!!

 

■南福岡十日恵比寿の由来(Web照会によると)
・明治35年に雑餉隈駅の前で旅館をされていた国武嘉平次という方が須崎の浜(現在の須崎公園)にころがっていた石を拾ってきて石屋さんに彫らせたのが神社にあるご神体との事。

祭りを始めたのが昭和の初めで、「せっかく恵比寿さんがあるのだし、商売繁昌のためにやってみるか」という事で始めたらしい。
「正月は放っておいても客は来る。 師走の景気づけに役立つごと」というわけで、当時は12月10日に執り行われていて現在は12月の第2金曜日から3日間の日曜日まで行われているようです。
最盛期には露店が200店以上も出ていたとの事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です