事故に遭遇

桜の花の撮影に行ってたら事故に遭遇してしましました。
山の上の少し上ったところの駐車場に車を駐車して桜の写真を撮っていたところ、下の道の方から軽自動車が1台登ってきました。
桜を見に来られた方かなと思っていたところ、駐車場の方からガシャン!!ドン!!と大きな音が!。
駐車場の方に行ってみると桜の木に軽自動車が道をふさぐようにぶつかっているではありませんか。
一瞬何が起きたのか分かりませんでしたが、下から右方向にUターンして駐車場に置こうとした際に柵も無く運転ミスでそのまま崖を落ちて桜の木にぶつかったらしい。
丁度、落ちた先に桜の木があったので良かったけど、無ければ20メートルほど下の道に転げ落ちていたと思われる。
車から高齢の男性が降りてこられたので体は大丈夫ですかと聞いたら「大丈夫」との事、「駐車場に置こうとしたらブレーキとアクセルを間違った」との事。
車は全面大破でバンパーが外れかかっており、何か大きな部品が落ちてました。
このままだと、道を塞いでいるので自分の車が出られない。エンジンが起こるのであれば、とりあえずバックして下の空いたスペースに車を置いてレッカー車を呼ぶことに。
すると、男性は車に乗り込みエンジンを起こすと問題なくバックできました。
ところが車の下を見るとエンジンオイルが大量に漏れだしており、オイルエレメントが外れて転がっていました。
このままエンジンをかけていたらエンジンがだめになるので下の空きスペースに車を誘導しようとしたら、「家は近いのでこのまま家に帰る」と言ってそのまま運転して降りて行かれました。
その後、自分も降りて行きましたが、特に途中にさっきの車が止まっている事もなかったので無事自宅に戻られたのでしょう。でも、たぶん車は廃車ではないかと思います・・・
高齢者の車の運転は充分に注意していただきたいものです。
もし、桜の木が無ければ・・・(桜の木に感謝!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です