テナントビルの屋根の補修立ち合い

弊社で管理しているテナントの入居者様から雨漏りしているらしいと連絡があり、オーナー様に相談し板金屋さんに点検してもらったら屋根板を止めているビスが錆で外れているとの事。
梅雨も近いので早々に補修作業となりました。
あまり高いところは好きではないけど確認の為に屋根に上ってみると。
結構ケラバと呼ばれる部分のビスが外れて屋根板が浮き上がっていました。
板金屋さんはそこに防水処理の後、ビス止めされていました。
屋根が波板で歩きにくいのもあるけど、恐る恐る屋根の状態を確認すると塗装がはがれて錆びているところが数か所あり。
一か所だけは錆びて穴が空いているところがありました。
幸いにもテナントに影響がない場所だったので、板金屋さんに応急処置をしてもらい完了。
とりあえずオーナー様に報告して、後日補修処置をしてもらう事に。
ビス止の作業も完了して、しばらくは雨漏りの心配もなさそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です