空き家の雨樋から雨水が!

あいにくの雨でしたが、空き家管理の点検に伺ったところ、なんと雨樋から雨水が漏れておりました。
どうも雨樋が変形しているようです。

しかも雨樋の集水器というところの横からも。

今まで雨の時に空き家の点検には伺っていなかったので気が付きませんでした。
下の写真のように軒下のテラス屋根の上側壁が黒ずんでいたのはわかっていたのですが何が原因か不明でした。
今回、漏れた雨水が下のテラス屋根に落ちて、その跳ね返った雨水が壁についてカビなのか苔なのか不明ですが、黒ずんでいたことが判明。

後日、知り合いの板金屋さんに修理依頼しました。
板金屋さんに確認して頂いたところ、原因は雨樋が塩化ビニール製のため太陽光や下にあるテラス屋根のポリカ波板の光で劣化し変形したとの事。
変形しない材質のものに変更して頂いて修理完了しました。

たまには雨の日にも空き家の点検をすることも必要だと思いました。

追伸
修理を依頼した板金屋さんですが、若い時からお世話になっている方で、久しぶりに連絡したのですが、反対に自宅の売買のご依頼をいただきました。
既に買主の方は決まっているとの事。
責任もって、安く対応させていただきます。
たまたまではありますが、雨に日に空き家点検に行って良かった!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です