『新型コロナウイルス接触確認アプリ』をインストールしてみた

6月19日にリリースされた『新型コロナウイルス接触確認アプリ』をインストールしてみました。

古いスマホには対応していないらしく、androidはバージョン6.0以上、Iphoneは13.5以上との事。
古いスマホやタブレットで試したがダメでした。

現在使っているIPHONEでインストール開始。
AppStoreで「COCOA」や「ココア」で検索しても出てこない。
「新型コロナ」や「厚生労働省」で検索したら出てきました。

早速、インストールしてみると。
利用規約の同意や端末設定の有効化等々の確認の画面が数回出てきます。
※下の画面の「有効にしない」を選択したらアプリの起動ができませんでした。
 この場合、一度アプリを削除して再度インストールしなければいけなかった。

インストールが完了すると「接触確認アプリ」として下のアイコンが登録されました。

起動すると、初期画面に「アマビエ」が。

その後、画面に「陽性者との接触確認」、「陽性情報の登録」、「アプリを周りの人に知らせる」という画面が出てきました。
自分が感染した場合に「陽性情報の登録」をする事で 、過去の接触情報により「陽性者との接触確認」に反映されるみたいです。

接触は、ブルートゥース(bluetooth)というものを使うのでスマホの「 bluetooth 」はオンにしておく必要があるみたいです。
使うのは通常の「bluetooth」ではなく「bluetooth LE」という省電力のものらしいので電気の消耗は少ないとの事。
このアプリをインストールするメリットは、過去の接触者に感染者が出たかどうかですが、感染者が陽性者登録しないとその有無はわからないのではないでしょうか。
1m以内で15分以上接触した場合らしいです。 また、あまりにも個人情報云々、GPSは使わないとの事なので効果はどうなんでしょう・・・

落とし物・忘れ物や迷子のペットを探すための「スマートタグ」というのも 「bluetooth LE」 を使っているみたいです。
ペットを飼っているところも多くなっているので、こんなのと連携できるアプリとかだとアプリを入れるメリットも増えるので、使う方も多くなると思いますが。
このアプリもどれだけ大勢の人がこのアプリを使っているかで探せる確率が変わってくるらしいです。

せっかく多額の開発費をかけて作るのであれば、そこまで考えてほしいな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です