空き家で『キウイの栽培』(実がなったぞ!)

今年から空き家で『キウイの栽培』してます。
前回(3週間前)に花が咲き、少し小さい実になってましたが、今回5センチくらいに実が大きくなっていました。
収穫は10月くらいからなのに大きくなるのが早い!

全部で60個くらいの実がなっていましたが、少し摘果して50個くらいにしました。

ちょっと、枝が四方八方に伸びてきた感じ。
梅雨明けにでも少し剪定しましょう。

今年の3月は下の写真でした。

空き家で『キウイの栽培』(花が咲いた)

今年から空き家で『キウイの栽培』してます。
葉っぱやつるが出てきたなと思いきやよく見ると花が咲いてました。

しかも、よく見ると果実みたいなものが・・・

ネットで調べてみると5月から6月にかけて花が咲くらしい。
来月の空き家管理の時が楽しみになりました。

しかし、雄花はどこにあるのだろうか?
探しましたが雄花らしいものがありませんでした。
あと、ネットで調べると上の棚までは枝を一本だけ伸ばして棚の上で枝を魚の骨みたいに伸ばすらしい。
写真みたいに根元から複数の枝を棚まで伸ばすのではないみたい・・・・
ま!、いいんじゃない?

下の写真は3月の写真です。

空き家の雨樋から雨水が!

あいにくの雨でしたが、空き家管理の点検に伺ったところ、なんと雨樋から雨水が漏れておりました。
どうも雨樋が変形しているようです。

しかも雨樋の集水器というところの横からも。

今まで雨の時に空き家の点検には伺っていなかったので気が付きませんでした。
下の写真のように軒下のテラス屋根の上側壁が黒ずんでいたのはわかっていたのですが何が原因か不明でした。
今回、漏れた雨水が下のテラス屋根に落ちて、その跳ね返った雨水が壁についてカビなのか苔なのか不明ですが、黒ずんでいたことが判明。

後日、知り合いの板金屋さんに修理依頼しました。
板金屋さんに確認して頂いたところ、原因は雨樋が塩化ビニール製のため太陽光や下にあるテラス屋根のポリカ波板の光で劣化し変形したとの事。
変形しない材質のものに変更して頂いて修理完了しました。

たまには雨の日にも空き家の点検をすることも必要だと思いました。

追伸
修理を依頼した板金屋さんですが、若い時からお世話になっている方で、久しぶりに連絡したのですが、反対に自宅の売買のご依頼をいただきました。
既に買主の方は決まっているとの事。
責任もって、安く対応させていただきます。
たまたまではありますが、雨に日に空き家点検に行って良かった!!

浄化槽の蓋の補修

空き家管理をしている家のご近所さんからクレームが!!
お話を伺ってみると、空き家の駐車場あたりから悪臭がするとの事。
確認してみると駐車場の中央にある浄化槽の蓋が劣化して(錆びて)小さい穴が2ヶ所空いていました。
最近暖かくなってきたため、より匂いがきつくなってきたのでしょうか?
蓋の寸法を測りホームセンターへ蓋を購入に行きましたが、合う寸法のものが無い!しかも置いてあるのは全て埃だらけで数年売れてないような感じでした。
とりあえず緊急対応で、ホームセンターからアルミテープ、ラッカースプレー缶、金属ブラシを購入。
①金属ブラシで蓋の錆びを除去(とりあえず補修なので簡単に)
②穴をアルミテープで塞ぎます。
③アルミテープにラッカースプレーはペンキがはじくので布テープをその上から貼り付け
④蓋の周りにペンキが付かないように新聞紙で覆います。
⑤ラッカースプレーで錆防止も含めて蓋に塗布。
黒色と間違えて青色のラッカースプレーを買ってしまいました。
⑥とりあえず、しばらくはこれで大丈夫かな?

オーナー様へ連絡して事情を話してネットで新品の注文をする事に。
蓋の価格を調べてみると材質によって様々で材質や安全荷重によってずいぶん違いました。
安いのは5千円くらいから高いのは4万円くらい。一番安い5千円のものを注文。

    

春に発生する雑草

春に発生する雑草は非常に多くあり、防除が難しい多年生雑草も多く含まれます。
 雑草発生前にきちっと対処できたかどうかでその年の雑草の生え方が大きく変わるとの事です。 できるだけ早めの対策を心がけましょう。
また、雑草は一般的に小さければ小さいほど防除が簡単です。
春に生えた雑草は夏から秋にかけて大きくなるので、今のうちに雑草対策を行っておけば、除草費用も安くできます。